INFORMATION

「日本藝術の創跡」vol.28(2023年度版)
2023年10月発刊!
「日本藝術の創跡」vol.28(2023年度版)

1995年の創刊より毎刊異なったテーマを掲げ、偉大なる先人達が残した芸術を厳格に研鑽し、また現代に活躍する精鋭作家の秀作とその足跡を後世の日本美術界に残すことを目的とした美術画集『日本藝術の創跡』。このたび、私の作品が掲載された『日本藝術の創跡vol.28』が発刊されました。

今回のテーマとなったのは、「万国博覧会の熱狂とジャポニスムの美」。西洋の人々にとってアジア文化の違いが曖昧だった19世紀頃、フランス人版画家のフェリックス・ブラックモンは、葛飾北斎の『北斎漫画』が日本の陶磁器の梱包資材として使われるのを発見し、一部の芸術家の間で浮世絵の存在が認知されるようになります。その後、日本政府初参加となった1873年のウィーン万博においてジャポニスム(日本趣味)が隆盛し、それに影響されたウィーン分離の代表格グスタフ・クリムトや印象派のモネ、ゴッホたちの作品に受け継がれていくことになります。

日本が政府として万博に参加した1873年のウィーン万博から本年で150年、また2025年の大阪・関西万博の開催を記念して、本書では万博とジャポニスムの関わりを紐解くとともに、現代で活躍する日本の精鋭アーティストによる秀作が収録されています。日夜制作に励む日本の表現者たちが作品に込めた熱気を感じ取っていただければ幸いです。

掲載作品
《ツインソウル》

発行所 : 株式会社 クオリアート
特集 : 万国博覧会への日本政府初参加150年記念
万国博覧会の熱狂とジャポニスムの美
体裁 : A4 判変型、函入り、オールカラー
総頁数 : 358頁

電子書籍『日本芸術家撰集vol.11』
電子書籍『日本芸術家撰集vol.11』発売中
体裁 : 電子書籍(オールカラー)
発行:2024年1月
販売価格 : 6600円(税込)
掲載内容 : 日本画作品、洋画作品、彫塑・陶工芸作品、書道作品など

《電子書籍が購入可能なオンライン書店一覧》
Amazon Kindleストア/BookLive /ebookJapan / 楽天ブックス/Apple Books/U-NEXT/kinoppy /GooglePlayブックス/COCORO BOOKS/セブンネットショッピング/漫画全巻ドットコム/ひかりTVブック 他
※コンテンツの性質やファイルなどによって配信できる書店が変わるため毎回全ての書店に配信できるわけではありません。